ネックウォーマーに関する情報が満載!

首元あったかネックウォーマー

手編みで簡単に作れるネックウォーマー

手編みでネックウォーマーを作る場合、マフラーよりも毛糸の量が少なくてすみます。
8号くらいの号数の編み針で、大体40gの並太の毛糸で2玉くらいあれば作れます。
編み方も輪針を使えば、初心者でも簡単に作ることが可能です。
表編みの編み方だけ知っていれば、輪針での作成は表面だけを見ながら編むことになりますので、自然とメリヤス編みになりますし、輪の状態に出来上がるので、両端をとじる必要がありません。
表編み以外には、最初の作り目と最後のふせ止めの仕方のみ覚えれば大丈夫です。
作り目をする際に、ネックウォーマーを使う人の首の太さを考える必要があります。
大体96目で55cm前後ですが、ゆったりめに作りたい場合は114目くらいにすると60cm前後になります。
また、編み方がきつい人だと小さめに仕上がる場合があるので、針の号数を1つか2つくらい上げておくとゆったりとした仕上がりになります。
逆に編み方がゆるい人は小さめの編み針を使うのがおすすめです。
メリヤス編みをする場合、生地の性質上どのようにしても編み地の端が丸まった状態になります。
くるっとした状態が可愛らしいです。
最後に、ふせ止めをする際に力を入れて毛糸を引き過ぎないように注意が必要です。
引き締めすぎると入れ口が狭くなり、頭がつかえてしまうことがあります。

ネックウォーマーの作り方と手作りのよさ

防寒対策のためにマフラーやネックウォーマーをするのはもちろんですが、オシャレに1つとして着用する人が女性を中心に増えています。
一般的にお店などで購入しますが、意外と高値だったり人とかぶることもあります。
自分で手作りで作れば商品よりも低コストで可愛らしい自分だけのオリジナルの物が作る事が出来ます。
マフラーだと、毛糸で1つ1つ編まないといけないので非常に時間もかかるし、コストもかかります。
その点、ネックウォーマーは毛糸を使用しなくてもフリース素材だったり、ボアやニットなど、自分の好きな素材を使うことが出来ます。
子供や大人まで使用することが出来、大体使用する素材は縦40から50センチほどで、横は50センチほどで出来ます。
これを半分におりミシンで縫い、縫い目を合わせ筒状にして縫うだけで出来上がります。
素材が分厚いものなら2つ折りにしなくてもそのままで出来るので、縦の長さは半分でも十分です。
縫い目を合わせて縫わずにに、ボタンでとめてワンポインにしたり長さを調整出来たりするなど自分達仕様に作る事が出来るのが手作りならではのよさです。
特別な技術などが必要なくてもミシンが使えば誰でも簡単に短時間で作ることが出来、商品にはないデザインから素材まで全てが自分の好みで選べます。

check

ノベルティ
http://www.pita-clean.com/
オリジナルの手帳型ケース
http://www.smartphone-case.jp/
ペット用 消臭剤
http://www.newsoil-biotech.com/lafun/index.html
コエンザイム サプリ
http://coenzyme.pw/
電子機器組立
http://www.e-monozo.com/shopbrand/026/X/

Last update:2016/3/25